貸す側の注意点

転勤などで自宅を留守にしなければならないことがあります。
住む人がいなくなった家は、老朽化が早いペースで進んでいきます。
埃が積もったり、カビが発生したりと、数年もすれば、住むことができない状態にもなりかねません。
こういった場合、リロケーションで持ち家や自宅のマンションを貸すのがおすすめです。

では、今度は貸す側の注意点です。
リロケーションは定期借家契約ですので、例えば2年の期間を定めて貸し出すものです。
ただ、転勤はすべて計画通りに進むわけではありません。
2年の約束だったものが、1年で戻ることになるなんてことも珍しくはありません。
そういった場合、自分の家でありながらそこに住むことができないのです。
残りの1年は別にアパートを借りるなりして過ごさなければいけません。

また、古い物件ですと火災警報器などの設置の必要が生じてきます。
また、鍵の工事も必要でしょう。
ただ、こうしたことはリロケーションを扱う会社に依頼すれば負担は軽減されます。
しかし、手数料や管理費など家賃は目減りしてしまうのは仕方ありません。
他にも、住宅ローン控除などの優遇税制が受けられなくなる恐れもあります。
税制上の問題は専門家にしっかりと聞くのがいいでしょう。
ただで、転がしておくよりもやはり誰かに住んでもらう方が、家は長持ちしますのでそういう意味でもリロケーションはおすすめです。

借りる側の注意点

様々な理由で、長い期間自宅を空けなければならないことがあります。
例えば、サラリーマンであれば転勤であるとか、海外赴任がそうです。
また、両親が高齢なため施設に入居させた場合などは、その実家が空き家となってしまいます。
こうした空き家の問題は、当人にとっては深刻な悩みの種でしょう。
しかし、その問題を解消してくれる方法があるのです。
それがリロケーションと呼ばれる空き家の有効活用法なのです。

リロケーションは空き家を第三者に、期間を設けて貸し出すというものです。
では、そのリロケーションの注意点についてですが、まずは借りる側からです。
リロケーションは定期借家契約に基づいて借りているわけですから、一定の契約期間が終了した時点で、その家からは速やかに退去しなければなりません。
また、原則的に途中解約は認められません。
他の物件と比べ、家賃は割安になっていますが、期間は必ず守らなければいけないのです

また、入居時の審査がやや厳しいものとなっています。
これは近所とトラブルを起こさないかどうか、あるいは物件を丁寧に扱ってくれるのか、また喫煙やペットといった問題もあるからです。
あくまでも借りている家ですので、その人が物件をいい状態のまま使ってくれるのかが入居の際に重要視されるため、入居条件のハードルは上がるのです。

リロケーションの注意点

サラリーマンにとって転勤は致し方ないものです。
ただ、地元にマイホームを購入している場合は、少しやっかいなものとなってくるのです。
空き家は、老朽化の原因ともなりますし、防犯などの問題もあります。
せっかく買った夢のマイホームが朽ちていく姿は見たくありません。
そういうときにぜひ活用してもらいたいのがリロケーションです。
これは貸す側にとっても、借りる側にとっても便利なものですが、ただそこには当然注意すべき点もあります。
このサイトでは、そのリロケーションの注意点について説明します。

リロケーションは、期間を定めて物件を貸し出すというもので、空き家の有効活用法としては最適なものです。
借りる側としては、周辺の物件と比べ、格安で借りられるというメリットがあります。
しかし、逆に言うと一定期間を満了すれば退去しなければいけないということです。
そのために、家賃は安く設定されているのです。
こういった期間の問題が借りる側からすると注意すべき点でしょう。

次に貸す側の注意点です。
転勤はいずれ終わるものです。
つまり、最終的には自宅へ戻ってくることになります。
それまでの間、第三者に家を貸し出すわけですが、転勤が予定よりも早まった場合どうなるでしょう。
自宅でありながらそこに戻れない状況が発生してしまうのです。
契約が終わるまで、別に住む場所を確保する必要が出てくるのです。
ただ、空き家をそのまま放置するよりは、誰かに住んでもらう方が家にとってはいいのです。
注意点とメリットをよく理解して空き家を有効活用してください。